LÀ-BAS C'EST NATUREL ( Serge Gainsbourg )

らばせなちゅれー、らばおけーにゃ♪
とぅっとぅれせなちゅれー、せおけー♪


3. Couleur Cafe の 14曲目
試聴(女性の人間)
※ ↑ このサイトで試聴出来るけど、
   何だろうこの怪しさ満点なサイトは。。
  (でも選曲は良いなあ)


LÀ-BAS C'EST NATUREL
Là-bas c'est naturel
Là-bas au KeNya
Pour tous les naturels
C'est O.K.
Chacune
Est en deux pièces moins une
Chacun dans ce noir paradis
En monokini
note:
là-bas : there
 ※ この là-bas という単語が何となく好きです
tous les : まったく
chacune : every, each、毎
monokini : トップレスの水着
 ※ こゆこと?
  Monokini
  
「ワンピースより小さいツーピース」って何
Si nous allons un jour
Là-bas au KeNya
Je te dirai alors
C'est O.K.
Aucune
Pudeur aucun souci
Tu te cacheras si tu veux
Derríère tes cheveux
note:
Si + 主語 + 半過去 : 仮定法

dirai ← dire : say, tell
alors : その時
aucune : どんな ~ も ~ ない
 ※ Il n'a aucune talent. : 彼には何の才能もない
pudeur : 恥じらい、慎み
souci : 心配、気がかり
cacher : ~を隠す
veux ← voiloir : want
derrière : behind
cheveux : hair
Mais si nous n'allons pas
Là-bas au KeNya
Je te dirai quand même
C'est O.K.
Rien qu'une
Petite pièce moins l'autre
Et pour l'amour en moins de deux
En deux pièces moins deux
note:
mais : but
quand même == tout de même == それでも
même : same, even
rien : nothing, anything
autre : other
moins : minus?

なんか基本的な重要単語がよく使われている。。
しかし、こなれてないので、いまいちニュアンスが分からない。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Every Little Thing She Does Is Magic ( Sting )

Stingの曲。
聞いただけでは意味が分からなかったので、こうやって調べてみて「ああこんな歌詞だったのね、、」とか思ったりして。
別に聞いたことのない単語を使っているわけではないけど、ニュアンスが分からないのは、どうしたら解決できるんだろう。慣れ?


The Very Best of Sting & the Police の9曲目


Every Little Thing She Does Is Magic
Though I've tried before to tell her
Of the feelings I have for her in my heart
Every time that I come near her
I just lose my nerve
As I've done from the start
note:
lose one's nerve : おじけづく
Every little thing she does is magic
Everything she do just turns me on
Even though my life before was tragic
Now I know my love for her goes on
note:
turn me on : 英辞郎だと「ビビッとくる」とか「キモチイイ」という訳が見つかる
Do I have to tell the story
Of a thousand rainy days since we first met
It's a big enough umbrella
But it's always me that ends up getting wet
note:
なんかちょっと押しつけがましくないか?
Every little thing she does is magic
Everything she do just turns me on
Even though my life before was tragic
Now I know my love for her goes on
I resolve to call her up a thousand times a day
And ask her if she'll marry me in some old fashioned way
But my silent fears have gripped me
Long before I reach the phone
Long before my tongue has tripped me
Must I always be alone?
note:
trip : 踏み外す、作動する、飛ぶ、軽快に動く
Every little thing she does is magic
Everything she do just turns me on
Even though my life before was tragic
Now I know my love for her goes on


| | コメント (0) | トラックバック (0)

JOANNA ( Serge Gainsbourg )

僕はこれで比較級を覚えました。
くっだらない歌詞だなあとか思いながらも。

3. Couleur Cafe の 13曲目
試聴(Last.fm)


JOANNA
Joanna est aussi grosse qu'un éléphant
C'est la plus grosse de toute La Nouvelle-Orléans
Et pourtant
Joanna Joanna Joanna tu sais danser léger léger
note:
比較級
 aussi ... que xxx ( == ) : as ... as xxx
 plus ... que xxx ( >= ) : more ... than xxx
 moins ... que xxx ( <= ) : less ... than xxx
最上級
 la plus ... (de xx) : (xxで) 一番 ...
 la moins ... (de xx) : (xxで) 一番 ...
 ※ le, la, les

pourtant : しかしながら、それでも
sais ← savoir : know
léger : light
Joanna est bien de la Louisiane
Quand elle suit un régime de bananes
Et pourtant
Joanna Joanna Joanna tu sais danser léger léger
note:
この段落よく分からない。

bien : well
 → 和訳には「彼女は間違いなくルイジアナ出身」とあるんだけど
   なんで「Joanna est bien de la Louisiane」で、そうなるんだろう
suit ← suivre : follow régime :制度、食餌療法、ダイエット
 → un régime de bananes : バナナダイエット??

5W1H
  quand when
  where
  pourquoi why
  quel what
  qui who
  comment how
  combien how many
Elle danse léger léger
Elle soute léger léger
Elle tourne léger léger
Elle s'envole léger léger
note:
soute ← soutenir? : 支える、立っている tourne : turn s'envoler : 飛び立つ
Joanna a un faible pour les tabourets
Elle en consomme deux ou trois dans la soirée
Et pourtant
Joanna Joanna Joanna tu sais danser léger léger
note:
faible : 弱い、出来の悪い、目がない
 →「彼は巨乳に弱い」のように「弱い == 目がない」という風な使い方が日本語と同じだってとこに「へー」と思った
tabourets : ひじ掛けと背もたれのない椅子、スツール
consommer : ...を消費する
soirée : 夜の時間、晩
ou : or
en ... : ~しながら
 ※ ここの「en」って文法的に変じゃない?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cosmic Girl ( Jamiroquai )

「ゲンズブールでフランス語」とかいいつつ、「Jamiroquaiで英語」も勉強してみたりして。
日本語訳が手元にないので訳に自信がない。

Cosmic Girl

Cosmic Girl
I must've died and gone to heaven
Cos it was a quarter past eleven, on a saturday in 1999
Right across from where I'm standing, on the dance floor she was landing
It was clear that she was from another time
Like some baby Barbarella, with the stars as her umbrella
She asked me if I'd like to magnetize
Do I have to go star-trekking
Cos it's you I should be checking
So the lazer beamed me with her cosmic eyes
note:
right across from : ちょうど~の真向かいに
Barbarella : フランスのSFコミックの登場人物
magnetize : 磁化する、引きつける

英語の歌詞を見ていると、うまい比喩で書いてあるように見えるけど、そのまま日本語に訳すとめちゃくちゃだなあ。
英語圏の人が英語のまま聞いたら、この日本語訳に感じるような違和感は感じるんだろうか。
She's just a cosmic girl
From another galaxy
My heart's at zero gravity
She's from a cosmic world
Putting me in ecstasy
Transmitting on my frequency
She's cosmic
note:
galaxy : 銀河系
ecstasy : 無我夢中、恍惚、有頂天

gravity, ecstasy, frequency ... で韻を踏んでるから歌ってて気持ちいい。
I'm scanning all my radars
Well she said she's from a quasar
Forty thousand million light years away
It's a distant solar system
I tried to phone but
They don't list 'em
So I asked her for a
number all the same
She said,
step in my transporter
So I can teleport ya
All around my heavenly body
This could be a close encounter
I should take care not to flounder
Sends me into hyperspace, when I see her pretty face
note:
クエイサー(quasar) : 望遠鏡でもよく見えないような天体らしい
40 thousand millions : って 40 billion やんけ!と思ったけど、よく子供がいう「百億兆倍すげーんだぜ」っていうニュアンスかしら。
transporter : 瞬間移動装置
flounder : もがき苦しむ

※ ここの「Step in my transporter, so I can teleport ya, all around my heavenly body」のところが好きで、英語力がないせいか、ものすごくエロいものに聞こえて妄想をかきたてられた高校生(大学かも)時代。。。
She's just a cosmic girl
From another galaxy
My heart's at zero gravity
She's from a cosmic world
Putting me in ecstasy
Transmitting on my frequency
She's cosmic
She's just a cosmic girl
From another galaxy
Transmitting on my frequency
yeah cosmic, oh
Can't you be my cosmic woman?
I need you, I want you to be my cosmic girl
For the rest of time
note:
for the rest of time : 「残された時間の」って訳しちゃったけど、もしかして「一生添い遂げる」的なプロポーズの常套句だったりする?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ELAEUDANLA TÉÏTÉÏA ( Serge Gainsbourg )


3. Couleur Cafe の 6曲目


ELAEUDANLA TÉÏTÉÏA
note:
「おかしな」という意味の歌詞は見当たらなかったけど
Sur ma Remington portative
J'ai écrit ton nom Lætitia
Elaeudanla Téïtéïa
note:
邦訳が Remington はタイプライタの会社の名前。
ton : your
nom : name
écrit : wrote
æ : あーうどんらーと読んでいるように聞こえるけど正式には何という呼び名なんだろう?辞書やWikipediaを調べても出てこず

「L, æ, t, i, t, i, a」で「える、あーうどんら、てい、てい、あ」と聞こえる
Lætitia les jours qui se suivent
Hélas ne se ressemblent pas
Elaeudanla Téïtéïa
note:
jours : days
suivent ← suivre : follow
Hélas : ああ、なんということだ
ressemblent : そっくりの

ne ... pas で 否定

「Les jours qui se suivent, hélas ne se resemblent pas」で「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず?」ってとこ?
C'est ma douleur que je cultive
En frappant ces huit lettres-là
Elaeudanla Téïtéïa
note:
douleur : 苦痛
cultive ← cultiver : 耕す、培う
frappant ← frapper: 打つ、タイプする

en 過去分詞 lettres-là : the letters → 修飾語が英語と逆になるとこがフランス語?

# やや意味不明
C'est une fleur bien maladive Je la touche du bout des doights Elaeudanla Téïtéïa
note:
fleur : 花 maladive : 病的な、病気の(英語と一緒) doits : 指 bout des ... : ~の端、先

※ à bout des ... : ~が尽きて、~の果てに、疲れ果てた
 → 「à bout des souffle」→「息を切らして」→(どうでもよくなって?)→「勝手にしやがれ
S'il faut aller à la dérive
Je veux bien y aller pour toi
Elaeudanla Téïtéïa
note:
à la dérive : 漂流している、成り行き任せの
aller : go
pour : for
veux ← vouloir : want
y : そこに

il faut ... : ~しないとならない
S' はなんだ?
Ma raison en définitive
Se perd dans ces huit lettles-là
Elaeudanla Téïtéïa
note:
raison : 理性、理由
en définitive : 結局
perd ← perdre: lose
Sur ma Remington portatíve J'ai écrit ton nom Lætitia Elaeudanla Téïtéïa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CD一覧

お勉強に使っていくCDを一覧しときます。

1. Le Poinconneur des Lilas
デビューした頃の曲たち。結構お気に入り。

※ 1 ~ 3 が一番 気に入ってる時期。
※ 1 と 2 は日本語訳つきのが手に入らなかった。
2. La Javanaise
東洋的なものに興味があったみたいな時期。「BAUDELAIRE」とか「LES CIGARILLOS」とか、流れるような歌い方の曲が好き。

※ 1 ~ 3 が一番 気に入ってる時期。
※ 1 と 2 は日本語訳つきのが手に入らなかった。
3. Couleur Cafe
初めて聞いたのは、このアルバム。良い曲がたくさんあるので、いま思うと、我ながら、素晴らしい「引き」だ。

※ 1 ~ 3 が一番 気に入ってる時期。
4. Initials B. B.
ライナーノーツに載っている女性遍歴にびっくり。
5. Je T'aime Moi Non Plus
ゲンズブールといえばこの曲、みたいに、「じゅてーむ、もわのんぷりゅ」が有名みたい。エロい。
6. Je Suis Venu Te Dire Que Je M'en Vais
「Je suis venu te dire que je m'en vais」の邦訳が「手ぎれ」。
この訳の潔さが好きです。
7. L'Homme a Tete De Chou
直訳したとすると「キャベツ頭の男」だと思うんだけど、日本語版タイトルは「くたばれキャベツ野郎」。
「くたばれ」とか書いてないのに。こういう訳が大好きです。
8. Aux Armes Et Caetera
※ あまり後半2つは思い入れがない
9. ANNA
※ Amazonで該当の商品が見つからなかったので、類似のものを貼ってあります。
※ あまり後半2つは思い入れがない
Histoire de Melody Nelson
ジャケット写真のバーキン?がお人形さんみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめたきっかけ

Serge Gainsbourgとの出会い

 高校3年生か、大学1年生ぐらいの頃に NHK FMで流れていた「Kahimi Karieの MUSIC PILOT」というラジオ番組で、ゲンズブールが紹介されていたのが、ゲンズブールとの出会いです。

 カヒミさんのたどたどしいフランス語で「Quand mon 6,35 me fait les yeux doux」という曲が紹介されていて、その曲の直後だったか、何回か後の番組で、「ゲンズブールの歌詞は面白くて・・・」という風に紹介されていたのを楽しく聞いて、興味を持ち始めました。

 こんなことを言っていたと思います。

  • デビュー曲の「Le Poinçonneur des Lilas」は、リラの駅の切符売りが、来る日も来る日も切符に穴をあけて、しまいには気がおかしくなって自分のコメカミにピストルで穴をあけるという、
  • この曲は、こんな甘い音楽だけど、日本語にすると「唇からよだれ」というタイトルで 向かいで寝てる彼女の口からよだれが垂れてるよ、という曲だ
  • ある時期ゲンズブールは日本に興味を持っていて、Goemonsという曲を出したりしたいたんだけども、東洋のイメージがごっちゃになっていて、Chinois(中国人)という曲なのに、ハラキリという言葉が出てきたり。

 あの番組、もう一回やらないかなあ。
 何回かはテープで取ったのが残っているんだけど、聴き始める前のぶんとか聴きたいなあ。。(今はテープ→MD→CD→mp3と変換されたのでテープ自体はない)

 オープニングで使われていた「En Melody」という曲の前奏を聴くと、いまでも、前奏がフェードアウトされて「カヒミ・カリィのMUSIC PILOT」という声が聞こえてくるような気がしてくるような、思い出深い番組でした。

※ ちなみに僕は国歌を聴いた後も、僕の頭の中では、オルガンの音で、小学校の校歌が流れます。

フランス語への興味

 大学生になって、第2外国語でフランス語をやっていたのですが、それはゲンズブールに興味があったからじゃなくて、中国は好きじゃないから中国語やりたくないし、ドイツ語は真面目で固い人が多そうで、ロシア語はマニアックな人が選びそうで、フランス語はおしゃれな女子が好むかもしれないからクラスの友達にかわいい子がいるかもしれない、という下心で選んだんだけども、(だったら理工学部なんかに入るなよって話ですが)

 そんなことはどうでもよくて、かじったことのあるドイツ語と比べると、どうもフランス語は学びやすい言語でした。
※ これはおおかたの周りの意見とは異なるのですが。。

 そんなこんなで、ゲンズブール熱とフランス語熱がちょっとずつ高くなって、レンタルCD屋さんで聞いては歌詞をコピー(レンタル屋さんだから1週間で返さないといけないからコピー機で複写)して、和訳と見比べては楽しむという暗い遊びを当時はしていました。

 社会人になって、自由なお金も増えたので、「Gainsbourg Complet」(いま売ってないのか・・)というCDのシリーズを、月1個ぐらいのペースで買いためて、9個集まったんだけども、集まってしまうと熱が下がってしまうもので(せっかく買ったのに開いたり閉じたりして紙が痛むのがもったいないとかいう変な抵抗が働いたりしたのもあって)、歌詞と訳を見比べる遊びからは、しばらく離れていました。

最近

 最近(もう社会人も6年ですが)になって、英語の勉強をしていたら、語学つながりの何かが刺激されたのか、また興味がわいてきたので、始めてみようかと思って、このブログに残すことにしました。

 とはいえ、学生の頃に覚えたことはだいぶ忘れているし(そもそもそんなにミッチリやってないけど)、体系だてて文法を覚えていくつもりもないので適当ですが、同じ興味を持った人がいたら一緒に楽しんでいただければなと思います。
※「ここ違うよ」ってとこは指摘していただけると嬉しいな




| | コメント (0) | トラックバック (0)